くせ毛の原因

ホルモンバランス

くせ毛の人によっては、生まれた時から、髪の毛がくせ毛だったという人もいますが、中には生まれた時は直毛だったのに、ある時期を境にしてくせ毛になってしまったという人も少なからずいるようです。

生まれた時から髪がくせ毛という人はほぼ遺伝である可能性が高いのですが、それ以外の原因の一つにホルモンバランスによるものもあります。その時期として、思春期などに多くみられます。思春期は成長期とも呼ばれており、ホルモンのバランスが崩れてくる時期でもあります。ホルモン分泌の影響でくせ毛になるのです。

また女性などは子供を出産した後に、くせ毛になってしまったという人もいるようです。これもホルモンバランスが崩れたことによるものと考えられます。出産というのは女性が命をかけて生命を誕生させるもので、それにより大きく体質も変化してしまうものです。

くせ毛だけでなく、出産後には髪の毛が抜け落ちる、ぜんそくや他の病気などが再発してしまうというケースもあります。

また更年期になると、ホルモン分泌が減少したりバランスが悪くなったりして、くせ毛になってしまうというケースもあります。ホルモンバランスが直接のくせ毛の原因にならなくても、髪の毛が細くなってしまう事によって、くせが強くなってしまうという人もいるようです。

思春期でくせ毛になってしまうというのは、防ぎようのないことでもありますし仕方のないことのように思えますが、更年期などのホルモンバランスの異常はくせ毛になるだけでなく、身体のいろいろな部分に影響が出てきますので、常にホルモンバランスを整えることが大切になってきます。