生活習慣の改善

ドライヤー

くせ毛対策にはドライヤーの種類や使い方もとても重要なポイントとなります。ドライヤーといっても今は様々な種類のドライヤーがあり、安いものでは1,000円以下のものもあります。最近では髪の毛の損傷を防ぐためにマイナスイオンを発生させるドライヤーも販売しています。

これにより髪に適切な潤いを持たせてくれるのです。名称は様々ありますが、くせ毛の天敵である乾燥をさせないようなタイプのドライヤーもあります。

ドライヤー選びもとても重要ですが、それとともにドライヤーの使い方にも注意が必要です。ドライヤーはヘアアイロンと同じように、高い温度の風で髪を乾かすのですから、使い方によっては髪を傷めてしまいます。

ドライヤーの使い方として、基本的にはあまり長時間ドライヤーをあてないということです。そのためにも髪を洗ったならば、タオルドライでできるだけ水分を取り除いておくことです。水分が多すぎるとその分ドライヤーを使用する時間が長くなり、それだけ髪に負担をかけてしまいます。

かといってドライヤーを使用しないで自然乾燥もよくありません。それは、濡れた状態では一番キューティクルが剥がれやすいからなのです。 その後、ドライヤーを使用しますが、乾かす順番としては髪の根元から乾かすのが望ましいです。その理由は、髪の根元は風が届きにくく、根元を乾かしているうちに毛先もある程度乾いてくるのです。

逆に毛先を先に乾かすと根元を乾かした時にも毛先に温風があたることになり損傷の激しい毛先がますます傷んでしまうのです。 また、ドライヤーを近づけすぎないことです。時間を短縮するため、ドライヤーを近づけすぎるとかなりの高温になるため、損傷が激しくなるのです。ですので、適度の距離を保って乾かすことです。

ドライヤーは毎日のことですので、1日では大きく変わりはないのですが、続けると損傷が激しくなってしまうものですので、十分に注意が必要になります。