くせ毛の人の悩み

湿気で広がる

梅雨の時期になると、その湿気によってボリュームがでてしまう、広がってしまうというのがくせ毛の人の大きな悩みとなっているようです。

実際に、くせ毛は水分を吸収しやすく湿度が増してくると、くせが強くなり広がってしまうのです。特に日本人に多い波状毛などは、普段は気にならないくせ毛だったり、ストレートだったりするのに、湿度で酷いくせ毛になりまとまりがつかなくなったりするものです。そのため、美容室などでは梅雨の時期になると、縮毛矯正やストレートパーマをかけに訪れる人が多くなってくるようです。

実際に、縮毛矯正やストレートをかけると、湿気で広がるくせ毛を軽減させることができます。ですが、この際に気をつけなければいけない点もあります。若い人は特に縮毛矯正やストレートとともにカラーリングをしている人が多くいます。

それだけでなく、自宅で毎朝ドライヤーをかけたり、ヘアアイロンを使う事もあるようです。そうすると髪の毛のダメージはとても酷くなってしまいます。しっかりとしたヘアケアを行わないと髪の毛がパサついてしまい、広がってしまう原因にもなりますし、あまりに損傷度が激しくなってしまうと縮毛矯正やストレートパーマの施術ができなくなってしまう、または髪の毛が千切れてしまう事もあるのです。

逆に、しっかりとトリートメントをしておくと、髪の毛の表面がコーティングされるため、湿気を吸収しにくくなるため、梅雨でも湿気で広がるのを軽減してくれるのです。