くせ毛の俗説

くせ毛の人は禿げない

よく噂で『くせ毛の人はハゲないからいいよね』なんてことを耳にします。実際、これは本当なのでしょうか? これについては、はっきりいうと嘘といえます。くせ毛というのは、遺伝が原因で引き起こされ、毛根が変形していることにより歪んで生えてくるのですから、それとハゲとは全く関係ないのです。実際にくせ毛であるのにもかかわらず、頭皮が薄くなっている人はよく見かけます。

この噂の理由として、おそらくくせ毛の人はボリュームがあるため髪が多く見えるため、薄くなっていないと思われるからです。また、抜け毛・薄毛になる時には髪の毛が細くなるので、元々は強いくせ毛の人であったのに、直毛の人のように思われるからだと推測されます。

最近では、くせ毛の人は縮毛矯正やストレートパーマを施術したり、自宅でもストレートアイロンを使用したり、ドライヤーを長く使用したりして髪の毛だけでなく、少なからず頭皮にも負担をかけてしまっています。そのため、何年も負担をかけていることで薄毛が進行してしまうということはあります。そのため、どちらかというと、くせ毛の人のほうがハゲになる可能性は高いともいえます。

ですが何も負担をかけない状態で、直毛の人とくせ毛の人を比べると、その髪質が理由で禿げるということはないのです。 こういった俗説を鵜呑みにして、自分はくせ毛だから禿げないと思い、頭皮ケアなどを怠ってしまうと結果的にくせ毛だけでなく薄毛・抜け毛で悩んでしまう事にもなりかねません。