くせ毛の俗説

髪を切ると、くせが強くなる、または長くすると、くせが出てくる

理・美容室に行って髪を切ってきたら、くせ毛が強くなってきた気がするという話をよく耳にします。髪の毛を短くしたところで、髪の毛自体が突然、くせ毛に変わるという事はないから、気のせいだという人もいます。

実際、髪の毛1本を抜いて、ちょっと短くしてみたところで、ウェーブが強くなるということはありえません。ですが、これが抜かずにヘアースタイルとして見た時にはあり得ることです。それは髪の毛の重さが関係をしています。

髪の毛が長くなってくるとその髪の毛の重さでウェーブが緩やかになるのです。そこで、髪の毛を切ることでその重さが軽減されますから本来持っているウェーブが出てきて、くせが強くなったと感じるのです。実際には髪の毛自体のくせが強くなったわけではないので気のせいという表現の仕方も間違いではないです。

逆に、髪の毛が長くなると、くせが出てくるという人もいます。この説に関しては、気のせいではありません。長くなると、くせが出てくるというタイプは、くせ毛といっても比較的ストレートヘアーに近い波状毛の人です。

非常に緩やかなウェーブの為、ある程度の長さになるまではストレートと変わらないのです。直毛で硬い髪質とは違い、短いうちは直毛だけれども柔らかい髪質だったといえます。

どちらのタイプにしても、髪の長さによって、くせが出やすくなったりするのですから、自分の髪質をしっかり理解し、どれくらいの長さがベストであるのかを把握することが大切です。