くせ毛の種類

波状毛

日本人のくせ毛の中で一番多いくせ毛のタイプが波状毛です。波状毛とはその名の通り髪の毛が軽くウェーブ、波打っているというくせ毛になります。

波状毛と言っても、くせの強さには個人差があり普段から髪の毛がうねっているという人もいれば、髪が伸びてくると、くせが出てくる人、湿度の多い梅雨の季節などになると髪の毛が広がったり、ウェーブが強くなったりするという人もいます。

くせ毛で悩むといっても縮毛などのようにキツイくせでもありませんし、髪の毛の堅い直毛の人からすると動きが出やすくセットしやすいと羨ましがられたりもします。

波打つ程度の軽いウェーブのため、人によっては髪の流れに左右されることもあり、片側はウェーブが強くボリュームがあるが、もう片側はストレートでボリュームもなくアンバランスになるというケースもみられます。

この波状毛の人のヘアスタイルとしては、ほとんどの人がストレートパーマや縮毛矯正で改善されるケースが多いようです。また、髪が短い時には、くせ毛が目立たなくなったりもしますのでショートカットなどもおすすめです。逆を言えば、ずっと短髪にしている人は、自分がくせ毛(波状毛)であることを知らずに過ごしているという人もいるようです。

それほど強くない波状毛の人は、セットもしやすく縮毛矯正などをおこなっている場合などにしっかりとトリートメントなどのケアをしておけば艶も出て綺麗なストレートになることもできますので、その他のくせ毛の人よりは比較的楽なくせ毛のタイプと言えるようです。